HOME | シロアリ駆除

まずは自己診断!

シロアリは知らないうちに大事な家に進入し、蝕んでいきます。
日頃から、下記項目に気を付け、該当があれば早めに専門業者にシロアリ診断をしてもらいましょう。

まずは、下記のチェック項目をご自身でチェックしていただくだけで、現在の我が家のシロアリ被害度数を割り出すことができます!
初めての方も一度工事を実施された方も、この機会にチェックしてみて下さい。
  • 塀やテラスのデッキの足元に不自然な土がついている
  • 最近近所でシロアリ工事をしたという話を聞いた
  • 家の近所のクモの巣に羽アリの羽がついている
  • 家の周囲に長年置きっぱなしにしている木がある
  • 家の基礎やコンクリートのひび割れに蟻道がある
  • 床下を素足でゆっくり歩くとブカブカする場所がある
  • タタミのヘリの部分に土らしきものがついている
  • 雨漏りしている場所がある柱や内壁を叩くと“コンコン”と軽い空洞音がする
  • 以前増改築を行ったことがある

シロアリ被害の実例 ~床下・壁面~

いまいちピンとこないシロアリ被害。あなたの家の床下ではこのような被害が発生しているかもしれません!!

シロアリのパワーは?

 
一見台風か地震の被害かと思われますが、違います!!これこそ、シロアリのおそるべきパワーなのです。 シロアリが床下の木材を食べると、このような状態になってしまいます。

床下にご注意

 
土から床への柱に線が入っているところが見られます。実はコレ、シロアリ御一行様の通り道、蟻道(ぎどう)といいます。この蟻道を発見してしまったということは・・・そうです。シロアリはすでに床下の地面に発生しているということになります。

普通の外壁に見えますが・・・

 
外壁は普通に見たら何の問題もないように見えますね。この写真を見て、まさかシロアリの被害にあっているとは思わないでしょう。でも実は、この外壁の中身はとても悲惨な状態になっているのです。

実は外壁の中身は・・・

 
この写真をご覧ください。外壁からは想像もつかないくらいの被害を受けています。中身はほとんどスカスカの状態になっていますので、断熱効果も薄れていますし、何よりも壁の強度が極端に弱くなっています。耐震構造の家でも壁がこのような状態では元も子もありません。

シロアリの特徴

「大切な我が家に羽アリが・・・!?」羽アリを見つけてもあせらず、まずはよく観察してみましょう。

シロアリ豆知識

シロアリは自分たちの巣(コロニー)を作ります。そこに棲息するシロアリの数は多い場合で100万匹以上。
この巨大な集団はすべて女王の直系の子孫たちで、人間でいう家族のようなものです。シロアリたちは家族全員で生きることを考えるので家族が一丸となって木を食べます。そのため一匹一匹は小さく被害が小さいのですが、100万匹の大集団で食事をするために家を破壊するほどの被害を与えるのです。
シロアリの好物は木や紙に含まれるセルロースやヘミセルロースと呼ばれる成分。だから木材は大好物。
特に松や杉を好みます。好みのえさがなければ、雑食性を活かしてほとんどの物を食べます。
シロアリは木造の家が大好き。地下水位が高くなりがちな水田埋立地や、本来の活動場所である山林造成地は被害が多く注意が必要です。              
シロアリは土の中を通るので、家にいるかどうかは普通の人にはなかなか見分けることができませんが、羽アリを見たら要注意です。
羽アリが発生する時期を注意してみましょう。
イエシロアリ:6~7月の夕方から夜/ヤマトシロアリ:4月下旬から5月にかけての日中

調査・駆除・工事の流れ

お問い合わせ

まずはお電話下さい。迅速に対応いたします。

現場調査

※有資格者調査がポイント
有資格者(しろあり防除施工士)が実際に現場をチェックし、シロアリや木材腐朽などの有無を正確に調査します。

調査結果の報告・保全対策の提案、見積提示

現場調査のご報告を行い、それをもとに建物保全に有効な対策のプランと費用のお見積書を作成し、細部にわたって分かりやすくご説明します。

お申し込み

ご予算、施工内容をご確認いただき、お客様にご納得いただけましたら、契約を結びます。

安心退治・予防

経験豊な作業スタッフが、防蟻・防腐の両効果を考えた質の高い処理をご提供します。スタッフへのお気遣いは一切不要です。スタッフは資格を持った専門家ですので、何でもお気軽にお尋ね下さい。

アフターフォロー

アフターフォローサービス。
各種の損害賠償保証。施工後、5年間の効果保証(無料)で、定期・要望点検を行います。