今すぐ外壁を直したい方へ!

HOME | 今すぐ外壁を直したい方へ

以下の現象が起きている方は、要注意!

 
 
今現在外壁について不安が有る方むけに、経験からのノウハウをお伝えしています。
このページを少々長いのですが下までご覧いただき、よろしければ、お問合せ頂ければと思います。

  外壁を手で触ると手が白くなる

(チョーキング現象といって、外壁の防水効果が切れている状態です)
サイディング外壁の目地がひび割れている

(進むと、外壁材が縮んでしまい、反り返ってしまったりします)
ヒビ割れが入っている

(小さな傷がつくと広がっていきます。雨水が流れ込み下地を痛めます。)

早く対処した方が、費用も作業後の状態も良いです。今すぐ、お問合せ下さい。「押し売りは絶対にいたしません」
外から見える場所なので、気になることも多いですよね。皆さん、そう思って塗り替えて満足されています。
 

いつ頃が塗り替え時?

 
家の外壁は一般的には10年程度の間隔で塗り替えるべきと言われています
ただ、

  • さらされている環境
  • 外壁の素材
  • 施工のやり方や塗料の種類、塗り方
によって、かなり変わってくるのが実情です。
いつ頃が塗り替え時というのは正直、見てみないとなんとも言えません。
例えば、周りが吹きさらしの家と、住宅地の中で家に囲まれて建っている家ですと、痛む箇所が変わってまいります。
メーカーの保証もあくまでメーカーが謳う耐用年数でして、実際それよりもつこともあれば、保たないことも有ります。
とは言え外壁は外から見える場所ですと、大事な家の中という空間を外から守る存在。
一度心配になったら、なかなか頭から離れないという方も少なくありません。 なので、不安を払拭するという意味でもご相談の電話をかける方も多いです。こんなご相談してもいいのかな…というご不安は不要ですよ。
 

 

分かりやすい価格表!

外壁塗装は決して安くはありません
そして最も皆さんが悩ましいのは「結局いくら掛かるかわからない…」
「途中で更に費用がかかったりするんじゃないの?」
という部分ではないでしょうか。
お問合せいただく方も、そこに不安をお持ちの方はほぼ100%です。
  
それ以上の費用は、お客様の方からお申出がない限りは一切ありません。
私だったら不安だろうなぁという部分を、日々改善しております。不安なことはドンドン教えていただけると、私達もありがたいです。
 
そこで…
 

 

お問い合わせから施工までの流れ

大まかには以下の様な流れとなります

  1. お問合せを頂く(電話・メールフォームなど)
  2. 訪問させて頂き、現地調査を行います
  3. ご提案をさせて頂きます、ご納得頂けた場合は、ご契約をさせて頂きます。

そして工事着工となりましたら

  1. ご近所様へのご挨拶回り
  2. 工事のスタート
  3. 最終検査、工事完了
  4. アフターフォロー

 
施工までの流れ

自分でできる外壁チェック

塗り替えタイミングチェックリスト

「塗り替えのタイミングがわからない」
外壁を塗り替えたいという思いはあるものの、そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
現時点ではまだ検討段階なのか、それとも早急に塗り替えるべきなのか。
以下に、危険度に応じて分類した外壁の劣化状況をまとめています。
それぞれの写真と比較しながら、正しい塗り替え時期をチェックしてみてください。

危険度:低
塗り替えの計画が必要です

塗膜表面が劣化し、チョーキングという現象が始まっています。

壁面がサイディングボードの場合。継ぎ目部分に必ずシーリング材が充填されています。このシーリング材が劣化すると雨水が躯体内部に入り込み水漏れや躯体内部の鉄骨または木部を劣化させます。

危険度:中
塗り替えの計画が必要です

ヘアークラックという細い割れが発生しています。

塗膜の劣化が進行し、ひび割れが発生しています。

■カビが発生しています

カビが発生しています。鉄部に錆が発生しています。

サッシからの錆汁が雨だれによって流れ出し、壁を汚しています。

サッシ部からの雨だれにより汚れが付着しています。またその汚れからカビが発生しています。

危険度:高
塗り替えの計画が必要です

クラックが発生し、モルタルの浮きが懸念される状態になっています。

さらに塗膜の劣化が進行し、剥がれて躯体が露出しています。

このままの状態にしていると、
素材基材の劣化が進み、非常に危険な状態になります。
実は、外壁以上に傷みやすいのが屋根部分。こちらもあわせてチェックできます。

既に他社で見積りをされている方へ

価格の違う理由を聞いてみる


一社からの見積もりではなく、複数の会社から見積もりをとって説明を聞くのもよい方法だと思います。提示される見積り価格も違うと思います。なぜこの会社より安くなるのか(あるいは高くなるのか)を質問してみましょう。

その会社のこだわりを聞いてみる


複数の会社の話をきいてみたら、その会社のこだわりを聞いてみて下さい。
会社ごとに「ここは譲れない。」というこだわりがあると思います。そのこだわりをぜひ聞いてみて下さい。

お客様にご指名いただきたいと思い、一生懸命努力し、誠実にご対応させていただきますが、他社と比較していただいた結果、他社とご契約にいたっても全く問題ありません。
当社からの見積もりご不明な点があれば、お客様がご納得いくまでご説明させていただきますし、既に他社様のお見積もりをとられている状態で、当社にお声がけいただいても構いません。
お客様がご納得いく施工会社を選定していただくのが、一番だと考えております。