Withhouse.Co.Ltd  ウィズハウス  広島市佐伯区旭園18-5  営業時間 9:00~19:00  TEL: 0120-67-5280

塗装Q&A

HOME | 塗装Q&A

塗装をする際のよくある質問をご紹介します。
こだわりのリフォームで理想の我が家を実現させる為にも、疑問はすっきり解決しておくようにしましょう。
こちらに掲載されていないご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


さまざまなお悩みやご不安にお応えします

A1.塗料の種類によって、耐久年数はさまざまです。一般的には10年~15年といわれますが、ひび割れなどがある場合は、雨水が入り、壁や柱などを傷める事になるので、早めの対処をおすすめします。

A2.大丈夫です。ひび割れがひどい場合は、変性シリコンなどで補修をしてから塗装をします。

A3.もちろんです。内部、外部のどんな小さな工事でも、ご遠慮なくご相談下さい。

A4.いいえ。屋根工事の場合もそうですが、外部の場合は、お留守でも大丈夫です。外出の際は、戸締りをお願いします。コンセントと、水道をお借りできれば大丈夫です。

A5.ケレンとは、鉄部等についたサビを落としたりする作業のことをいいます。レンをどれだけ丁寧にするかで、塗装の仕上がり、寿命が違ってきます。

A6.臭いの少ない塗料を使用していますが、基本的に今のところ、まったく臭いの無い塗料が無いので多少臭いはあります。

A7.どこか、別の場所に移動できればそれが一番良いのですが、どうしても無いときは車専用の養生シートをかけさせていただきます。

A8.当社は、ローラー施工の為、飛散はほとんどありませんが、飛散防止ネットなどの養生をさせていただきます。

A9.外壁の場合は、変色している・カビやコケが生えている・剥がれやヒビがある壁を触ると白い粉がつくなど。鉄部などは、サビが出はじめた・塗装が剥がれはじめたりした時は早めの対処を、おすすめします。

A10.色決めのときは、見本帳をお持ちしますので、その中からお好きな色をお選びいただけます。

A11.そのようなことは絶対にありませんので、ご安心下さい。ただし、お客様のほうからの追加注文があった場合は、別途、追加料金とさせていただく場合がございますが、
基本的にご要望がないかぎり追加料金をご請求する事はございません。ご安心下さい。

A12.工事前のご近隣様へのご挨拶は私どもが責任をもって、一軒、一軒ご挨拶します。お会いできないお宅には、あいさつ状をポストに投かんするなどしますので、ご安心下さい。騒音などが出るかと思いますが、最小限におさえるよう心がけております。

A13.錆び止めを塗った場合と塗らない場合とでは耐久性が全く違ってきますしかし、錆び止めを塗る前にしっかりケレンをして塗らないと古い塗膜の剥離する力ですぐに状態が悪くなってしまいますので弊社では、不必要な旧塗膜の除去をしっかりして塗装いたします。

A14.お客様の外壁の種類や使用する塗料で見積り価格は変わってきます。後は、家の形状や施工方法・仕様などでも違ってきます。是非一度ご相談下さい。

A15.まず、足場が問題になります。はしごなどでやると大変危険です。最近では、ホームセンターなどでもいろんな種類の塗料がありますが塗り方や塗料の品質で、耐久年数や美観的にもかなり異なりますので、ご自分での塗装はあまりお勧めできません。一度ご相談下さい。

A16.どちらが良いとは一概に言えませんが、塗料・施工方法がまったく違います。吹き付け塗装は施工が早く低予算なのが特徴ですが、塗料の飛散があり臭いもかなりありますので充分な養生を必要となります。ローラーでの施工は手間も掛かり、吹き付け塗装に比べ施工方法・塗料が違うので少し費用も掛かりますが、塗膜が厚く、ゴムのようになってますので、ひびが入りにくく防藻・防カビ、防水性・耐久性にも大変優れた塗料になっています。光沢もあり美観的のもとても綺麗な仕上がりになります。今では、ローラー施工が主流になってます。どちらかと言えば、ローラーでの塗装をお勧めします。

A17.確かにお値段が高くになれば、良い塗料になってきますが、一番大事なのは、いくら高価な塗料などを塗ったとしても下地や下地材が悪ければ、意味がありません。外壁の劣化状態や外壁の種類によって下地材も違ってきますし、それによって耐候年数が変わってきます。弊社としては、お住まいに合った下地材を選びご提案をさせて頂き、施工させて頂いております。

A18.特にございません。どの季節でも塗り替えが可能です。

A19.コロニアルやカラーベストの屋根は、塗装などのメンテナンスが必要です。すぐ雨漏りすることはないですが、早めのメンテナンスをお勧めします。

A20.外壁塗装の種類は大きく分別すると、アクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素系です。塗料の種類により耐久年数も様々です。是非一度ご相談ください

A21.基本的にどのような模様でも付ける事ができますが、吹き付け塗装ではタイル模様・なみがた模様、ヘッド押さえや凹凸など施工が可能です。ローラー施工では今の壁の模様をそのまま生かすものとさざなみ模様とどちらかになります。見本帳などでご覧いただけます。

A22.Q19でも記載したとおり 屋根のカラーベストのメンテナンスは必要です。屋根用塗料を塗装します。年数が経つとカラーベストの防水性が低下し水分を吸収し反り返りなどを起こし、雨漏れの原因にもなります。 耐久性を向上させるためにも早めのメンテナンスをお勧めします。

A23.工事が始まった時点での、見本帳から選ばれた色であれば変更は可能です。が、特殊な塗料(調色といって、別注で作った色)や塗装をしてしまった後ではご相談下さい。

A24.塗装工事完了後、ご希望がありましたら、部分補修などが出来る位はお分けできます。ご遠慮なくお申し付けください。

A25.サイディング材は半永久的とよく言われていますが、やはり塗装は必要です。目地のコーキングの打ち直しや防水性・美観的なことを考えると塗装されることをお勧めします。

A26.いいえ、その必要はありませんのでお気遣いなく。

A27.お客様のご要望が無い限り、契約金額以上いただく事はありません。そのために、しっかり打ち合わせをさせて頂きます。ご安心下さい。

A28.弊社では、全て自社施工・自社管理でさせていただいておりますのでご安心下さい。

 
 

取り扱いメーカー(一部)