HOME | トイレ

メーカー比較



組み合わせ便器

組み合わせ便器は、最も普及している種類です。独立した便器・タンク・便座を組み合わせた形状で、ウォシュレットは別売りになります。
メリット

  • お求め安い価格帯。
  • ウォシュレットを性能別で選んだり、タンク上部の、手洗いの有無を選ベる。
  • 便座部分が故障した場合、便座のみ交換できる。

デメリット

  • 凹凸や入り組んだ箇所があり、清掃はしづらい。
  • タンク部に水が溜まるまでトイレを流せない。

システムトイレ

手洗い器や収納など、お好みで組み合わせが可能。トイレ空間がガラリと生まれ変わります。
メリット

  • 収納タイプの場合、散らかりがちな小物がすっきり整理できる。
  • 手洗器の設置は、既存の給排水を利用できるため、大掛かりな給排水工事が不要になる。

デメリット

  • 収納タイプの場合、設置可能な間口幅に制限があり、狭いトイレルームには向かない。
  • 通常タイプのトイレと比べると工事の時間が長くなる。

タンクレストイレ

水を溜めるタンクがない、タンクレストイレ。デザインにこだわる方に人気の
種類(タイプ)です。
メリット

  • 凹凸が少ないデザインなので、掃除がしやすい。
  • スタイリッシュな見た目がおしゃれ。
  • タンクがないので高さが抑えられ、トイレルームが広く見える。

デメリット

  • トイレ本体に手洗いがない。
  • ウォシュレットやタンクが故障した場合に、機能部を丸ごと交換する可能性あり。

一体型トイレ

便器・タンク・便座(ウォシュレット)が一体型のトイレです。手洗付きとなしが選べます。
メリット

  • 凹凸が少ないデザインなので、掃除がしやすい。
  • 一体感があるデザイン。
  • タンク上部の、手洗いの有無が選べる。

デメリット
ウォシュレットや本体が故障した場合に、機能部を丸ごと交換しなければならないこともある。
タンク部に水が溜まるまでトイレを流せない。


 
  • 流通経路の見直しによる中間マージンの削減

    • 設備などをメーカーから仕入れる場合に、卸問屋が何社も介入していることが一般的です。その卸問屋が多くなるほど中間マージンが発生し、お客様にご負担いただく金額が大きくなります。そのため、ウィズハウスでは、中間マージンのないメーカーに近い信頼のおける卸問屋から大量仕入れを行うことにより、安く仕入れられるよう努力させていただいております。